平成13年(2001年)3月期から導入された新しい会計制度です。
退職給付会計では、企業が退職金・年金の積み立て不足を公表すること等が義務付けられています。