適格退職年金契約を締結する場合に、その契約が備えなくてはならない税法上の13の要件。法人税法第84条第3項の規定に基づき法人税法施行令159条第1項に定められています。税制上の優遇措置は公正な年金制度の普及を目的としています。