厚生年金基金において、継続した加算適用加入員期間10年以上(各厚生年金基金によって期間は異なる)で退職または65歳に到達した加算適用加入員が、加算年金に代えて一時金を希望したときに受け取ることができる一時金です。
加算適用加入員期間に応じた加算年金相当額に退職時の年齢の乗率を乗じた額が一時金として支給されます。