健康保険や国民健康保険において、被保険者が同じ月内に同じ医療機関に支払った医療費が自己負担限度額を超えた場合に、申請により自己負担限度額を超えた部分が後から払い戻される制度です。
部屋代・食事療養費を除いた1ケ月の医療費が80,100円(低所得者の方は35,400円、上位所得者は150,000円)を超えていれば、高額療養費の申請ができます。