賠償責任を担保する保険や特約では、保険の目的について保険価額が算定できないため、「てん補限度額」を設定して保険者の保険金の支払の支払いの限度額とします。
てん補限度額は、予想される事故の内容や、損害賠償金などを想定して合理的で妥当な金額を求めて設定されます。
てん補限度額の設定については、保険期間を通算しての限度額が定められたり、1事故当たりの限度額が定められたり、また、1名当たりの限度額が定められたりするほか、これらを併用して定められます。