保険事故発生時、保険会社の支払責任見込額の総体を概略把握するため用いられる損害保険業界慣用語で、被災した全物件(保険の目的)に付された保険金額の総額を指していいます。