損害保険業界の慣用語である「アフター・ロス(after loss)契約」の短縮語。
事故発生後に締結された保険契約という意味です。
契約者または被保険者が悪意(保険事故の発生した事実を知っている)の場合は、商法上、契約は無効となります(商法第642条、商法第683条)。
また、保険契約が保険事故の発生前に締結され、保険契約の報告が保険会社に到着する以前に保険事故が発生した場合(この場合は契約者および被保険者は善意である)は、手続上のアフロスと呼ばれ、契約は有効であり、保険料の払込みが事故の発生前であることが確認されれば保険金は支払われます。