自動車・バイク等で、バッテリー上がりの対応として、他車とケーブルでバッテリーを接続し、エンジンをかける作業。
エンジン始動後、しばらくエンジンをかけっぱなしにすることで、多少の充電が可能となる。