火災事故の焼残物など、物保険において保険事故による損害があった後に残る、保険の目的の残存物のことです。