契約や契約者についてその過去の損害の発生状況により、ハンディキャップを与える仕組みの料率をいいます。
実際には、自動車保険のフリート契約で損害率により適用される割増料率およびノンフリート契約の1~3等級契約に適用される割増料率ならびに特別危険保険料率を指していいます。