自動車を運転する方の居住地域、年齢、免許の色、家族構成、車種など、過去の自動車事故に対する統計データを元に、細かく分類しながら保険料を算出した自動車保険を『リスク細分型自動車保険』と言います。

リスク細分型自動車保険の場合、運転者の条件次第では大手自動車保険の半額程度に保険料が下がる場合があります。リスク細分型の自動車保険を採用している保険会社は主に、インターネットや電話での申し込みに特化した通販型の損害会社です。