告知義務者が知っている重要な事実を告知せず、またはその事実について不実のことを告げることが告知義務者の悪意または重大な過失によってなされることをいいます。
告知義務違反が成立するには、主観的要件と客観的要件が必要となります。