保険会社は積み立てられた保険料を運用しています。
そのため、運用によって得られる利益を予定して、あらかじめ保険料を一定の利率で割引いています。
このときに使用する利率を予定利率といいます。