各損害保険会社が実施している専業代理店の育成のための制度です。
採用からの一定期間、それぞれ所属の保険会社のスケジュールにしたがって、専業代理店になるための教育と研修を受けながら営業活動を行います。
その後、保険会社所定のいくつかのランク(初級・中級・上級など)を経て、2年から5年で保険会社専属の専業代理店になります。
代理店研修生の給与は、固定給プラス歩合給となっています。
保険会社によっては、特別研修生、代理店研修社員などの呼称があります。