補償の対価として、保険契約者が保険契約に基づいて損害保険会社に支払う金銭のことです。
保険契約の申込みをしても、保険料の支払いがなければ、補償されません。