保険の対象となるものの価額と保険金額(契約金額)を同額に設定し、保険事故の発生により生じた損害額のすべてを補償する保険のことです。