保険には、危険度の異なるさまざまな人々が加入しているため、全員が同じ保険料では不公平が生じます。
例えば、高齢者は若い人よりも死亡率が高く、木造建物は鉄筋コンクリート建物よりも火災の発生率や損傷度が高くなっています。
そこで保険制度では、死亡率や各種の損害統計に基づき保険料率が算出され、被保険者や保険の目的の危険度に応じた公平な保険料が定められています。