補償の対象になっている物を再度取得するときに必要に金額。

例えば住宅の火災保険で、2,000万円で新築した住宅が15年経過後に火災で焼失した場合、現在価値で1,500万円であっても再取得価額で保険金の設定をしていれば2,000万円の保険金が下りる。
火災保険の保険金設定には再取得価額の他に時価額がある。時価額は、経年劣化した住宅の現在の価値に直した保険金額。

再取得価額を再調達価額という場合もある。