保険契約締結後、保険期間の中途においてその建物の構造や用途の変更、危険品の納置などの事由によって契約の保険の目的に関わる危険が著しく変更・増加することをいいます。