火災保険において、建物が耐火構造の隔壁または床によって2以上の部分に区画され、かつ、その隔壁または床が防火壁の構造および条件の規定に合致しているとき、その各々の部分をいいます。
料率適用上、その各々の部分は別建物のように取り扱われます。