料率算出団体(損害保険料率算出機構)が算出する、保険金支払いに充当する部分の保険料率(純保険料率)のことです。
火災保険、傷害保険、自動車保険、医療費用保険、介護費用保険について算出することが認められています。
料率算出団体の会員である損害保険会社は、この参考純率の遵守義務はなく、参考純率を用いる場合には、参考純率に自社で算出した付加率を加えて営業保険料を算出し、金融庁長官の認可(種目によっては届出)を受けて使用します。