告知義務違反が成立するには、客観的要件と主観的要件が必要となります。
客観的要件とは、告知義務者が知っている重要な事実を告知せず、またはその事実について不実のことを告げることをいいます。
主観的要件とは、告知義務者が知っている重要な事実を告知せず、またはその事実について不実のことを告げることが告知義務者の悪意または重大な過失によってなされることをいいます。
告知義務違反の有無は、契約成立の時期を基準として決められます。
告知義務違反の要件の存在については、保険者側から立証しなければいけません。
告知義務違反の場合は、保険会社は書面による通知によって契約を解除することができますが、この場合、保険料は返還されません。
告知義務違反の場合は、担保する損害があった場合でも保険金は支払われず、すでに支払った保険金があれば、保険会社から保険金の返還を請求されます。