保険契約の申込の際に、保険契約者が契約の条件を設定するための重要な事実を損害保険会社に申し出る義務のことです。
この重要な事項について事実と異なることを申し出た場合、保険契約が無効となったり、解除されることがあります。