保険商品の対価として契約者から収受されるべき保険料であり、保険商品の価格というべきものが営業保険料です。

営業保険料は、支払保険金に充当される純保険料と、損害保険会社が保険事業の経営に要する経費等に充当される付加保険料、さらに満期返戻金付きの積立保険の場合は積立保険料を加えて告ャされています。
通常、『保険料』というときは営業保険料を指していいます。