保険契約が、保険期間の中途で効力を失うことです。
保険契約後、保険の目的の全部が保険金支払いの対象にならない事故によって消滅した場合に、契約は失効します。
契約が失効した場合、損害保険会社は領収していた保険料から、既経過期間に対する保険料を差し引いた残額を保険契約者に返還します。
ただし、保険契約者に故意または重大な過失があったときは保険料は返還されません。
分割払いの契約で、回払保険料が未入金となった場合に契約が失効する定めがあるものもあります。
また、積立型保険の分割払いの契約で、第2回目以降の回払保険料の未入金により自動振替貸付のための限度額を超えれば契約は失効します。