「失火の責任に関する法律」の略称です。
失火責任法では、失火によって他人の権利を侵害して損害を与えた場合の不法行為責任について、重大な過失による失火の場合にだけ賠償責任を負うと定めています。
失火責任法は、木造家屋が密集しているわが国では大火の例も多く失火者に莫大な賠償責任を負わせることは妥当でないとの趣旨から制定されたもので、一般的不法行為の原則を緩和し、軽過失による失火は免責としています。
しかし、失火責任法は債務不履行責任には適用されないので、借家人は、家主に対しては損害賠償責任を負わなくてはいけません。