保険犯罪の発生を未然に防止するため、死亡・後遺障害保険金、入院・通院保険金等を支払う保険契約(傷害保険契約等)の内容を日本損害保険協会に登録し、損害保険会社が重複保険契約の有無を確認する制度です。