積立普通傷害保険等の積立型保険で、保険会社が保険契約者に対して既に払い込まれた当該保険契約の保険料の中から蓄積された積立保険料の一定割合を限度として、貸付を行う制度です。