保険事故が発生した場合における保険者の給付が、契約時に定めた一定の金額である保険契約です。
損害保険では、通常、保険金額の範囲で実損害がてん補されますが、人の生死に関して給付を行う生命保険では、事故による損害の経済的な評価が困難なため、給付を一定の金額としてあらかじめ約定しています。
定額保険の代表的なものは、生命保険、傷害保険です。