保険契約時にあらかじめ定めた保険金額(契約金額)を上限として、実際の損害額だけを保険金として支払うことです。
損害保険の支払保険金は、通常この「実損てん補」が基本となります。
ただし、傷害保険等については生命保険同様、あらかじめ定めた保険金額が支払われます。