工場における環境、防火管理、消火設備、建物の構造、火災保険付保状況等を総合的に判断し、実態に即した料率を算出する制度です。
同一工場構内における同一の保険契約者の工場物件にかかわる火災保険契約の保険金額が一定の金額(15億円等)以上の場合に、工場物件特定割引率算出の対象となります。