物として独立はしているが、他の物に付属して用いられるもののことです。
普通火災保険、住宅火災保険の普通保険約款では、建物が保険の目的である場合、建物を主物とし、これに対してその畳・建具・電気・ガス・冷房・暖房等の付属設備は従物として保険の目的に含まれるとしています。
住宅総合保険、店舗総合保険、長期総合保険等の普通保険約款でも同様の取扱いとなっています。