突発的に発生する予知されない出来事で、傷害の原因が身体の外部からの作用によるものをいいます。
これらの条件を満たす事故としては、交通事故、運動中の打撲・骨折、転倒、火災・爆発事故、作業中の事故などが挙げられます。