保険の目的に保険事故が生じた場合、被保険者は、その事故による損害を防止することに努めなければならないことです(商法第660条第1項)。
各種保険の約款は、損害防止義務者を被保険者にとどめず、保険契約者をも加えています。
損害の防止は、発生した損害の拡大の防止だけでなく、損害の発生自体の防止をも含みます。
損害防止義務に違反した場合は、保険会社は被保険者に対し、それによって拡大した損害についての賠償を請求することができます。