損害が発生した時の、発生した場所における保険の目的(保険契約の対象となる物)の価額です(商法第638条第1項)。
火災保険では、再調達価額から、使用による損耗分および経過年数に応じた減価分を控除した金額をいいます。