保険の目的が全損となり、保険者が被保険者に対して保険金額の全額を支払った場合、被保険者がその保険の目的について有していた所有権等の権利を保険者が取得するものです。