第三者の行為により保険事故が発生して保険者が被保険者に対し損害をてん補した場合、保険者は支払った保険金を限度として被保険者が第三者に対して有する権利を法律上当然に取得し、この権利に基づいて損害賠償請求を行うことです。