火災保険において2以上の種類の建物構造からなる建物をいいます。
建物構造が所定の条件を充足している場合、その建物および収容の動産に対して、規定により混造建物料率を適用することができます。