被保険者が、製造もしくは販売した財物を他人に引き渡した後、その生産物(製造物)の欠陥等により生じた偶然な事故により、他人の身体・生命を害したり財産に損害を与えた場合、または被保険者が行った仕事が終了した後、その仕事の結果の欠陥等に伴って生じた偶然な事故により、他人の身体・生命を害したり、財産に損害を与えた場合に被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金が支払われます。
生産物賠償責任保険では、生産物特約追加条項(1事故の定義に関する特約)が自動的に付帯され、同一の原因から日本国内で発生した一連の事故は、発生した時間・場所が異なっていても全体として一事故とみなされます。
生産物賠償責任保険は、「PL保険」ともいいます。