重複保険のうち、複数の保険契約が時期を異にして締結された場合。
保険金額の総額が保険価額を超過したときは、各保険会社の負担は各社の契約締結の順位によって自社の引受保険金額いっぱいを負担していくことになります(商法第633条)。