損害保険代理店が、取り扱った契約の保険料を損害保険会社に入金することをいいます。
現金代理店の場合には、契約者から保険料を領収したつど、代理店手数料を差し引いた正味保険料を遅滞なく損害保険会社に精算します。
預貯金代理店は、1か月を単位とし、当月扱いの保険料から代理店手数料を差し引いた正味保険料を、翌月末までに必ず損害保険会社に着金するように送金します。