保険料を構成する要素の一つで、支払保険金に充てられる予定の保険料部分を純保険料といい、保険料の大部分を占めています。一般企業で言う原材料費に当ります。
純保険料は、過去の統計資料により算出した大数の法則に基づき、保険事故発生の確立をもとに算定されます。
保険料は、純保険料と付加保険料で構成されています。
付加保険料は、人件費や事務コストなど一般企業で言う経費部分に当たります。