保険事故によって保険の目的が大きな被害を被った場合で、100%の滅失損害には至っていないものの、その修理費用等が保険価額を上回るような場合、これを全損として扱うことです。