人を対象とする傷害保険のうち、普通傷害保険および家族傷害保険の本人については、保険料負担の公平化を図るため、被保険者の職業・職種によって危険度を1級~3級に分けた基本料率としています。