火災保険一般物件において、建物の用法によって付課される割増料率のことです。
ただし、作業規模のある建物の場合は作業割増の付課の対象となります。