損害保険料率算出団体に関する法律に基づき昭和39年(1964年)1月8日に設立された法人で、自動車損害賠償責任保険の基準料率と自動車保険の参考料率の算出を行うとともに、関連事項の調査・研究を行っていました。
平成14年(2002年)7月1日に損害保険料算定会と統合され、損害保険料率算出機構となりました。