すべての用途・車種の自動車を対象として、対人賠償保険、自損事故保険、対物賠償保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険の5つの保険がセットされた自動車保険です。
自動車総合保険には、車両保険も任意に加えることができます。
対人賠償事故の場合、被保険者からの申し出があれば、原則として保険会社が示談交渉を行います(保険会社によっては対物事故についても示談交渉サービスを行っている)。
また、被保険者は、保険会社に対し損害賠償額の支払いを直接請求することができます。
自動車総合保険は、「PAP(Package Automobile Policy)」とも呼ばれます。