自動車損害賠償保障法に基づく強制保険で、自動車の保有者・運転者が自動車の運行によって他人の身体・生命を害した場合に、法律上の損害賠償責任を負担することによって生じた損害に対して保険金が支払われます(略称:自賠責共済)。
自動車賠償責任共済は、全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)などが取り扱っており、損害保険会社の自動車賠償責任保険と同一の取り扱いを受けます。
死亡事故の場合は、死亡による損害として3,000万円、死亡に至るまでの傷害による損害に対して120万円が、傷害事故の場合は、傷害による損害に対して120万円が、後遺障害事故の場合は常時介護を要する後遺障害による損害に対して4,000万円(第1級)または随時介護を要する後遺障害による損害に対して3,000万円(第2級)、その他の後遺障害による損害に対して75万円(第14級)から3,000万円(第1級)が1名当りの限度額として支払われます。