企業などの経営組織体が自己の将来の危険に対し、その発生確率に基づき準備金を積み立てることによって備えることをいいます。
危険対策としては、危険分散が不十分であるだけでなく、異常な大損害の発生に対処し得ない点に重大な欠陥があります。
自家保険は、保険ではなく、単なる積立となっています。