財形貯蓄制度専用の保険であり、財形貯蓄の種類に対応して、財形貯蓄傷害保険、財形年金傷害保険、財形住宅傷害保険、財形給付金傷害保険、財形基金傷害保険の5種類があります。
いずれも、傷害による死亡または重度後遺障害に対して払込保険料累計額の一定倍相当額の保険金が支払われます。